データアドベンチャーのサービスご紹介

メディア
2024.06.28
データアドベンチャーのサービスご紹介

こんにちは。データアドベンチャーの北島です。
今回は、データアドベンチャーが具体的にどのようなサービスを提供しているかについて、サービス体系や事例を交えながらお話ししたいと思います。

執筆者のご紹介

北島史徒
株式会社メンバーズ メンバーズデータアドベンチャーカンパニー(以下データアドベンチャー) サービス開発室 所属
戦略プランナー
データ活用におけるお客様の課題に対して高付加価値のサービスを提供する「エキスパートサービス」の開発や、実際にお客様へ課題のヒアリング〜提案業務を行っています。
経歴:2019年 株式会社メンバーズ入社。顧客専任のデジタルマーケティング運用支援チームのマネージャーとして顧客のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)やカスタマーサクセスの推進を支援。2023年からデータアドベンチャーのサービス開発室へジョインし、データをキーに顧客のDX、カスタマーサクセスの推進をサービス開発という立場から後方支援しています。

目次
01.| そもそもデータ分析サービスって何?
02.| サービスの支援範囲は?
03.| どのようなサービスを提供してくれるの?
04.| 導入のメリットは?
05.| 導入コスト・費用感は?
06.|まとめ

そもそもデータ分析サービスって何?

①顧客のDX現場を「内製化支援」するサービス

企業がビジネス戦略上デジタル化が必要な領域に対して、自社内において「内製化」の潮流が生まれています。
メンバーズでは、顧客チームの一員として継続的に運用・実行フェーズの支援を行うことを「現場支援」と呼んでいます。
データアドベンチャーは、「データ」を軸に企業が業務で発生する情報を収集・蓄積したり、または分析することで、顧客の生産性向上や業務効率化、売上向上に貢献します。データアドベンチャーでは顧客と一体化したチームとして顧客の運用・実行フェーズの現場支援を行っています。このようなデータ活用業務の「内製化」を支援するサービスを提供しています。

②データ領域特化型の「伴走型プロフェッショナル常駐サービス」

データ活用には様々な工程があります。
たとえば、何を目的としてデータを活用すべきかを定義する「データ活用戦略」、実際にデータ活用するための環境を作る「分析基盤構築」、データの収集から加工、可視化そしてビジネス上の意思決定まで一連のデータライフサイクルを回す「運用定着化」などが挙げられます。
データアドベンチャーでは、これら各工程における必要な業務をデータの専門家として顧客のオフィスへ常駐しあたかも社員のように伴走しながら現場支援を行っています。

伴走型支援サービスについて
※当社サービス資料より引用

③様々な業種の企業に導入していただいています

非デジタル系大手企業からデジタルサービスメガベンチャーまで様々な業種の企業に導入していただいております。
扱うデータはデジタルマーケティング系のトラフィックデータ、売上データ、会員データが中心。デジタルマーケ、ビジネス貢献をゴールとした分析が強み。
一部デジタルマーケに止まらず経営・事業に資する分析や、データ活用組織の立ち上げや組織設計まで対応しております。

ECサイト運営企業導入事例
※当社サービス資料より引用

④導入事例の一部をご紹介

ある大手ECサイト運営企業様においては、顧客のデータ活用推進チームを設立するところからご支援をさせていただきました。この事例は「データ活用戦略」「分析基盤構築」「運用定着化」の各工程を段階的に継続的にご支援しました。
各工程で取り組む業務に対し、データアドベンチャーから最適なデータ人材を配置しながら顧客のデータ活用内製化を推進していきました。同時に、顧客へスキルトランスファーを行いチーム一丸となってデータ活用の高度化を実現した事例です。

データアドベンチャーカンパニー導入事例
※データアドベンチャーカンパニーHP(https://www.dataadventure.co.jp/)より引用

 

サービスの支援範囲は?

データ活用の各工程に最適なサービス・人材の提供が可能です

各工程によって専門領域の異なるデータのプロフェッショナル人材をアレンジして体制を構築していくことが可能です。
人材にはデータエンジニア、データアナリスト、データサイエンティスト等様々な職種が存在します。

弊社データ人材のご支援範囲
※当社サービス資料より引用

 

どんなサービスを提供してくれるの?

①各工程に応じたサービスパッケージをご用意しています

「データ活用戦略」「分析基盤構築」「運用定着化」の各工程に応じて、顧客のデータ活用を支援するために様々なサービスをパッケージとしてご用意しております。
顧客の課題に最適なサービスを弊社からご提案し、顧客とコミュニケーションを取りながら支援内容や人材のマッチングを図ります。

データ活用の各フェーズで必要な人材によるご支援
※当社サービス資料より引用

②どんなデータ人材がいるの?

各種サービスにはそれぞれ得意なプロフェッショナル人材がおります。

  • データ分析が得意なアナリスト系
  • データ環境を構築・運用するのが得意なエンジニア系
  • データ活用計画や管理などプロジェクト推進が得意なPM系

これらの系統の中に、さらに各業務に特化した9種の職種で構成しています。
人材の各役割については、ご提案時に弊社から詳細をご説明させていただきます。

 

貴社課題に合わせサービスプラン*提供職種をプランニングいたします
※当社サービス資料より引用

データ活用に必要なスキルと対応職種・エキスパート職種
※当社サービス資料より引用

 

導入のメリットは?

顧客と伴走することでデータリテラシーを高め内製化を支援すること

データアドベンチャーの5つの強みによって顧客へ価値提供が可能です。

  • 内製化への貢献:顧客企業へのスキルトランスファー。最終的に顧客企業のみで自走できる状態の構築をご支援します。
  • 多種多様な実績:あたかも社員のように顧客ビジネスドメインを理解したメンバーによる、業界の特徴などを活かしたデータ活用・価値提供が可能です。
  • 人的リソースへの対応:顧客のデータ人材不足解決への継続的支援。顧客のニーズやデータ活用フェーズにあわせ、体制のチューニング・増員も可能です。
  • 充実した研修制度:データアドベンチャー社内での学びあい文化による最新情報インプットと顧客へのアウトプット。顧客に対するノウハウのスキルトランスファーや勉強会も実施可能です。
  • データ領域特化人材:データサイエンティスト、データアナリスト、データエンジニアなど多種多様なデータ人材を多数保有。

弊社の強み
※当社サービス資料より引用

 

導入コスト・費用感は?

①標準価格表をご用意しております

各サービスに対応した標準価格と人材の対応職種のご用意がございます。
実際はご提案の際に、ご依頼を受けた案件において顧客の課題解決を遂行するために必要なスキル、業務適正を見極めたうえで、業務難易度に応じてジュニア、ミドル、エキスパートといった形で人材単価をご提示の上、ご提案させていただきます。
価格表については、本ページ下よりお問い合わせ頂ければ弊社から追ってご案内させていただきます。

②サービス利用例と費用感

たとえば、顧客の現状のデータ運用に課題がある場合は、

  • 弊社メンバーが現状課題を明確化し運用業務を改善・整備
  • 顧客の分析メンバーへスキルトランスファーを行い顧客の自律した運用までを支援

このように顧客のデータ活用の「運用整備」と「内製化」を同時に実現していくといったパッケージプランの場合、弊社メンバーは顧客データ活用の高度化を目指すためのご支援を提供することが可能です。この場合の費用感も参考までご紹介させていただきます。

サービスパッケージ利用例 

※当社サービス資料より引用

 

まとめ

  • 弊社が考えるデータ分析の取り組みは、顧客のDXを現場支援と内製化支援によって推進できるものと考えています。
  • 弊社のサービスは、あたかも社員のように顧客へ伴走型でプロフェッショナルが常駐し価値を提供するサービスです。
  • 弊社のサービス支援範囲としては「データ活用戦略」「分析基盤構築」「運用定着化」の各工程に応じたサービス、人材をご用意しております。
  • 顧客のニーズや課題に応じて、サービスを組み合わせたパッケージによるサービスプランのご提案も可能です。
  • 導入メリットは、顧客ビジネスドメインを理解したメンバーによる価値提供、顧客へのノウハウ提供、ニーズに応じて柔軟な体制構築などが可能なことです。
  • 導入コストについては、標準単価表のご用意がございます。お気軽にお問い合わせください。

弊社のサービス詳細をまとめた資料をダウンロード頂けます。ぜひご活用ください。
またデータ活用に関する困りごとやご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 


\ データ活用についてのご相談はメンバーズデータアドベンチャーまで /

 お問い合わせはこちら > 

\ 相談する前に資料を見たいという方はこちら /

 資料ダウンロードはこちら > 

 

北島史徒

 

自走力が高く、“中の人”目線で動ける
データ活用のプロフェッショナルを提供します

お問い合わせ

データ活用のプロになるための
学習・実践環境を用意します

採用情報